Page: 1/61   >>
春の初島はウミウシが多い

こんにちは。 しんじですkyu

今日は大好きな初島で潜ってきました。

残念ながら天気は「曇りのち雨」でしたが、海の中はウミウシでいっぱいで楽しかったですゆう★

透明度は少し悪くて8m〜10mで水温は15℃でちょっぴり寒かったですkyu

いつもは60分くらい潜るのですが、今日は45分くらいのダイブタイムでした。

今日の狙いはミズタマウミウシとゴマフウミウシ(ゴマちゃん) ミズタマウミウシはダイバハウスの近くの岩で水深は22m。 ちゃっちゃと見つけないと汗 と心配してたけけど、岩に近くに行くとすぐにかわいい水玉模様が目に入りました。

モシャモシャと食事に夢中でしたよ。

すこし目線を下げたところにコミドリリュウグウもいました。

かわいいですね。

 

近くの小岩の陰にはサクラミノウミウシがいました。

写真で取るとほんのりと桜色がみてとれます。

「ほんのり」とは対照的な毒々しいサガミリュウグウウミウシもいました。

 

場所をかえて20mの岩に行くとスイートジェリーミドリガイ。

 

ハナミドリガイ、

アオボシミドリガイ、

でっかくて逆に見落としてしまいそうなミヤコウミウシもいました。

 

ゴマちゃんがいる3連テトラもいったのですが、エアーが少なくなりゆっくり探せず・・・

ウミウシが苦手な僕でもけっこう見つけることができるので、今年はウミウシ当たり年ですね。

 

透明度8〜10m

水温15℃

出会えた生物 サガミリュウグウウミウシ、サクラミノウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、ミズタマウミウシ、ヒロウミウシ、スイートジェリーミドリガイ、アオボシミドリガイ、ハナミドリガイ、ミヤコウミウシ、サラサウミウシ、ミヤコウミウシなどなど

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 04:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春濁りの始まり黄金崎公園

こんにちは。

ぷくぷくまりんのしんじですニコッ

今回は黄金崎公園にいってきました。

昨日まではポカポカ陽気でしたが、朝からどんより曇り空ショボン

そのうち雨が降ってきてしまいました雨

ビーチも午後になると荒れそうな予感しましたので、早い時間にサクサクと潜りました。

昨日から春濁りが始まったという情報通り海は上から見ても緑色になってましたよがちゃぴん

しかし、潜ってみると意外にまだまだ8mは見えていて期待していなかった分、快適に過ごせましたどこも

水温は14℃でかなり冷えましたが60分の長時間ダイビング×2をしました。

ビーチの砂地にはところどころメガネウオが隠れていた形跡が残っていましたが、姿をみつけることができませんでしたkyu

中層はかなりのイワシの群れが泳いでいました、透明度がよかったらきっとすごかっただろうなぁきらきら

 

ケーソンにはスイートジェリーミドリガイ、サガミリュウグウウミウシ

(このこお尻をかじられてるのかな??)

 

岩場の白ガヤにはミレニアムマツカサウミウシという長い名前のウミウシもついています。

一見、ただの付着物みたいですので見過ごしちゃいそうですね。

 

またところどころに白ガヤをもつミズヒキガニ、海藻?を持つミズヒキガニがいましたよ。

(でてこいや〜高田延彦っぽいDocomo_kao1

ロープだまりにはコウイカの卵がついています。

僕が見たのはまだ子供になっていない状態のものでしたが、中がすけていてとてもきれいですよき

エキジット近くの砂地ではかなり大きなウミテングがうろうろしています。 小さいウミテングをイメージしていると見過ごしちゃうかもしれませんよちゅん

これから春濁りが深まるかもしれませんが、そろそろダンゴウオやスナビクニンが出始めるのでまたマクロネタの楽しみが増えますね矢印上

透明度8〜10m

水温14度

出会った生物

オオモンハタ、イワシの大群れ、セレベスゴチ、ウミテング、コケギンポ、スイートジェリーミドリガイ、サガミリュウグウウミウシ、ミレニアムマツカサウミウシ、コノハガニ、オルトマンワラエビ、コウイカの卵などなど

アフターダイビング

春のこの季節はそろそろ桜エビが旬になります。

そう考えていたら桜エビのかき揚げが食べたくなってきましたkyu

「さかなや千本一」の桜エビ定食をたべようか店先にいくと準備中・・・

ならばと・・と思い「どんむす」へ行きました=3

沼津でもしも大海老天丼(1680円くらい)を食べるなら僕は「どんむす」をお勧めします。

沼津港にありますので是非チェックしてくださいねひらめき

周りはさっくりで海老はしっとり瑞々しいくてとってもおいしいですよ おいしそう

そんな「どんむす」で「桜エビのかき揚げ丼」(1380円くらい)をいただきました。

もう、おいしいたっらなんの kyu

タレも少し濃いめの好みで、食べ終わった後にちっとも胸焼けしません。

超おすすめですよ星

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ウミウシの聖地

ウミウシの浮島 こんにちは。 本日はウミウシの聖地、西伊豆は浮島に行ってきました。

私はあまりウミウシ探しを得意としないのですが今日はみっちりとウミウシだけのダイビングをしました。

ウミウシ探しということでビーチのドラゴンホール付近で移動のない6畳ダイビングを慣行いたしました。

 

透明度15〜20m、水温は15℃くらい。

 

そのなかを1本70分以上のダイビングをいたしました。

我ながらよく寒さに耐え抜いたと思います^^;

しかしやはりウミウシ探しって難しいと実感いたしました。

出会ったウミウシは、

アオウミウシ

シロウミウシ

サラサウミウシ

ヒロウミウシ

コイボウミウシ

フタエリイボウミウシ(タマゴイロイボウミウシ)

チゴミドリガイ

アデヤカミノウミウシ

クロモウミウシ

ムカデミノウミウシ

カラスキセワタガイ

クロヘリアメフラシ

などなど ウミウシを探していて

シャコ

ヒョウモンダコ

 

なども見かけました。

もっと多くの種類を探し当てたかったのですが、次回は20種類くらいを見つけることを目標に精進いたします。

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カスザメうろうろ初島ダイビング

本日は初島に行きました。

爆弾低気圧の影響なのか、今日はすっごい強風でした。

初島の海自体はOPENしてるのですが、フェリーがいつ欠航になるか心配でなりませんでしたよ。

初島につくと海面を強風が吹き抜け白波がたっています。

しかし表面だけが風にあおられているだけで、ザップンとした波はないのでエントリーは楽でした。

海の中もすごく静かで透明度もバッチリでしたよ^^

エントリーしてすぐの岩にはムカデウミウシが数個体。

そして沖側の岩にはアイゴ、メジナ、そしてカマスの群れ見えます。 もちろんキンギョハナダイやスズメダイもいっぱい乱舞してます。

そのまま中層を移動して四つ岩の近くになるとタカベの群れと遭遇です^^

ね、綺麗な海にタカベが一層映えるでしょ。

すごい開放感があって素敵な瞬間でした。

四つ岩の一番先端の岩には赤いイロカエルが住んでいました。

Nさんの写真

ライトを照らしてみると、なかなかの迫力のお顔してます。

同じ岩にはウデフリツノザヤウミウシも4匹もついていました。

Nさんの写真

とてもかわいいですね。

そして岩を丹念に見ながら砂地を移動してると、砂地がすごく白く、そしてスペードのような形になってました。

Nさんの写真

ゆっくり砂を払うと、でてきました!!

 

カスザメです。

カスザメもびっくりしたのか、身を起こしてスーッと移動。

その先の砂地でバフバフとまた砂隠れの術!!

 

アデヤカミノウミウシをNさんがみつけてくれました。

とっても艶やかでしょ。

その名もアデヤカミノウミウシ^^

他にもヒロウミウシ、アオウミウシ、サラサウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシなどもいました。

この子はまたまた僕らがウミウシを探している途中にびっくりさせてしまった子です。

とてもきれいなフォルムをしてますね。

今日は3個体のカスザメをみましたよ。

ダイバーも少ないのでカスザメもいっぱい来てくれたみたいです。

ワイド、マクロともたっぷり楽しんで今日もいいダイビングでした^^

 

 

 

水温15℃ 透明度20m

出会えた生物

カマス群れ、アイゴ、メジナ、タカベ群れ、スズメダイ、キンギョハナダイ、カスザメ×3、ミナミゴンベ、ヒメギンポ、イロカエルアンコウ、ヒロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ウデフリツノザヤウミウシ、ムカデミノウミウシ、アデヤカミノウミウシ、サラサウミウシ、アオウミウシ、ニシキウミウシ、ヒョウモンダコなどなど

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フリソデ狙いで富戸

本日は富戸に行ってきました。

富戸のヨコバマには現在、フリソデエビが3カ所もでているという情報!!

そのかわいいエビを見るべく潜ってまいりました^^v 1本目 風の向きは北東。

水面はどんぶら、どんぶらという感じでゆれています。

水中に入れば平気かなと思ってましたが、若干の揺れがありました。

ここ最近は1週間ごとに水温が1℃下がっている様子です。

ついに東伊豆も西伊豆同様に20℃をきって、その水温は18℃でした。

でも、まだまだ魚たちは元気でしたよ^^

特にイソギンチャク畑にはミツボシクロスズメがいっぱいです。

今年は少し遅めの登場だったような気がします。

そんなイソギンチャク畑をすぎて1の根に行き、そこから斜めに水深を下げていきます。

注意深くみていると岩の上に真っ白い「C」とかかれている石があるのです。

その近くにフリソデちゃんがいるらしいのですが・・・撃沈。

かわりにコイボウミウシ君を激写!

 

気を取り直して24m付近にいるオオモンカエルちゃんに会いに行くことにしました。

ボンテン♪ ボンテン♪ なんでもボンテンの近くにいるらしいという情報。

おお、ボンテン発見。

そのボンテンから顔を上にあげると青いソフトコーラルがあります。

今日はそこに踏ん張っているのを発見しました^^イエーイ!

エスカをフリフリしてましたよ〜

 

その近くにニシキフウライウオもいるらしいのですが、エアーの残量を考えてパスー。

そしてエキジット口へ一目散=3

エキジット付近では突如、イナダの群れがビューっと走り去っていきました。

 

2本目

よしっ!違う場所のフリソデ狙いに切り替えました。

今回は砂地をスイスイ〜と移動。

ゆらゆら〜と枯葉が砂地にゆれているなかに、焦げ茶色の長い葉が若干の意思がある動き。

そう!カミソリウオでした。

しかし良く揺れる砂地で全然じっとしてないのでこんな写真しか撮れなかった。

 

砂地にポツンポツンとあるイソギンチャクの中をのぞくとイソギンチャクエビがいますよ〜。

大きなイソギンチャクエビGETです。

 

そこから立ち去ろうとすると紫のモサモサが見えました。

すぐ砂地にビシっともどるとゆらゆらとセスジミノウミウシ君が底揺れに負けずに歩いています。

 

少し揺れがおちついた12m付近に砂利の山を発見!

スイスイ〜・・・ぽいッ!

スイスイ〜・・・ぽいッ!

 

と2匹のハゼが代わる代わる小石を運んでは山を作っています^^

クロイトハゼのご夫妻です。

この山は彼らの愛の巣なんですね。

 

さて、そろそろフリソデちゃんがいるらしき場所が近づいてきました。

ここかなと思う岩の下の奥にオレンジのヒトデの欠片。

その上にペアのフリソデちゃんをいました。

奥からなぜか呆然とこちらを見ている様子。

なんでしょう。この気まずい空気^^;

シャッターを切ってみましたが、うーーーん。ピンボケでした。

一応、ピンボケだけど見たという証拠。

 

エキジット口近くの砂地で動く顔!

いやいやホウボウがワサワサと手で移動しています。

かなり大きいですね。

「煮魚とかで食べたらおいしいのかな。」と思っている最中、ホウボウ君の瞳はキラキラと綺麗に輝いていました。

 

安全停止中に竹の筒の中をピョコピョコとオレンジぽい魚が顔をだしていました。

近づくとニッコリ顔のミナミギンポ君。

 

またね〜っとエキジット。

 

透明度8〜10m

水温18℃

出会えた生物 イナダの群れ、キンギョハナダイ、アイゴの群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメ、オオモンカエルアンコウ、ホウボウ、ミナミギンポ、カミソリウオ、クロイトハゼ、イソギンチャクエビ、フリソデエビ、セスジミノウミウシ、コイボウミウシなどなど

| しんじ | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Profile

Recommend

僕らをつなぐもの
僕らをつなぐもの (JUGEMレビュー »)
秦 基博,秦基博
恋の儚さ。
情景が浮かぶ歌詞。
いいですね。

しんじの本棚

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode