Page: 1/62   >>
ウミガメに会えた黄金崎ビーチ

2018/11/30 黄金崎ビーチ

こんにちは。

ぷくぷくまりんのしんじです。

今回は黄金崎ビーチに行きました。

今日は太陽さんが頑張ってくれて昼間はとても暖かかったなぁ。

 

水の中は水温が20℃ですが、ドライスーツを着るととても快適です。

 

潜降すると相変わらずイサキの群れが凄い。

イサキの中にタカサゴも混じってるみたいだなぁ。

小さい子が多いけど、もうすっかり大人になったイサキの群れも見ることができます。

 

水深6mくらいの岩にはかわいいクマドリカエルのおチビちゃんがちょこんといました。

本当にかわいいなぁ。

 

祠岩近くに住むというウミガメがいるかな?って覗いてみると・・・

イエーイ。

黄金崎で初めて見ました^^

僕の気配に気づくとソワソワしはじめて何枚か写真を撮っていると、「ああ・・・」

飛び立ってしまいました。

その時とっさに動画にしたのですが、操作ミスで一瞬の身><

でもウミガメって癒されますね。

 

黄金崎は今、一番魚が多いですね。

ヨスジフエダイの子供も凄くいっぱいいます。

 

それにウメイロモドキの子供もチラホラみかけますよ。

青に黄色の鮮やかな色。

タカベよりも色鮮やかですね。

 

ヒラメも岩の上に乗ってたり、砂地で砂かぶってたりです。

ちょっと顔のUPをとってみました。

 

砂地を突き進んでいくとホウボウが目の前を通過していきました^^

いつみても面白い魚ですね。

 

16mケーソンの近くの流木の枝にニシキフウライウオもいました。

ちょっとライトアップがたりなかったけど、赤いニシキフウライウオでしたよ。

 

安全停止中に後ろを振り向くとダイちゃんがドーンといました。

びっくりだ^^;

 

今日はクマドリカエルやウミガメに出会えて癒されました^^

 

透明度20〜25m

水温20℃

出会えた生物

イサキ、タカサゴ、クマドリカエル、ウメイロモドキ、ヨスジフエダイ、クロホシフエダイ、クロスジハゼ、アザハタ幼魚、ヒラメ、ニシキフウライウオ、スズメダイ群れ、ヒレナガネジリンボウ、ウミガメなどなど

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
黄色のイロカエルとオビテンスモドキ

2018/10/13黄金崎

こんにちは。

ぷくぷくまりんのしんじです。

今日は黄金崎ビーチに行ってきました。

うふふ。 今日も黄金崎ビーチはさんま祭りです。

たべるぞ〜!

さてさて、今日の海は北東の風がビュービュー吹いていて、海面は吹きおろしの風の波紋が見える状態です。

おかげで東伊豆は荒れていたようですね。

東伊豆のショップさんがチラホラ。

 

水の中は少し白っぽかったかな。

透明度は7〜10mくらいでしょう。

奥のエントリー側から走ってるロープ沿いにはオビテンスもどきの幼魚がいました。

この幼魚はよく海藻に紛れて身を隠してしまうのでなかなか撮影が難しいのですが、ここにいる子は砂地にどうどうといます^^

もう撮りたい放題ですよ。

 

そして正面エントリー側のロープをたどって一番奥のケーソンには赤いイロカエルちゃん。

とっても撮影しやすい場所にいます。

砂地には相変わらずネジリンボウがぴょこぴょことかわいい〜。

 

そのほかダイナンウミヘビやハナアナゴなどの大きな奴らも砂から顔をだしてました^^

 

ちょっとゴロタ沿いを浅めにとってエンド沿いまで移動 水深10mくらいとって移動すると大きな岩が寄り添っている岩(何て言ったかな?通称ほこら岩だっけ??)があります。

そこの側面に黄色いイロカエルちゃんがいました。

よちよちと歩いて移動中でそのたどたどしい感じがこれまたかわいかったなあ。

 

安全停止してると必ず寄ってくる真鯛のダイちゃん。

手をふると近くまで来てくれます。

最近、相棒のイシダイを連れてますよね。

すごくなついてくれてかわいいですよね〜。

 

黄金崎ビーチはそんなかわいい系ばかりで癒されました^^

(写真提供:T.Nさん M.Aさん)

透明度7〜8

水温20〜26℃

出会った生物 イサキ群れ、アカカマス群れ、マダイの大ちゃん、イシダイ、オボテンスモドキ幼魚、ヨスジフエダイ、ムレハタタテ、イロカエル赤、イロカエル黄、ネジリンボウ、オオモンハタイなどなど


 

アフターダイビング

久しぶりに沼津の食堂「弥次喜多」にいってきました。 弥次喜多って昔はブリの塩焼き、照り焼きなどがあった気がするんですが、焼き魚、煮魚料理がなくなりましたね・・・

串カツ定食を食べてきました。

でも串カツ定食の味は絶品でした。

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
黄金崎ビーチ2日目

JUGEMテーマ:ダイビング

こんにちは。 今日も黄金崎ビーチにいってきました。

天気も回復して青い空と青い海が広がる海岸沿いは本当に気持ちがいいですね。

海の中はちょっぴり白っぽくなっていましたが、イサキの群れは昨日よりも動きが激しくなっていて見応えたっぷりです。

昨日よりもダイバーが少ないおかげで砂地のネジリンボウも少しリラックスしていたようで、可愛い姿を現してくれていました。

2匹のネジちゃんがぴょこぴょこしている姿を観察して、立ち去ろうかと振り返るとすぐ近くに斑点模様が可愛いオトメハゼがいました。

ハチマキダテハゼ、ダンダラダテハゼも確認してきました。

砂地とゴロタの際沿いには水色の体の縁がやや紫がかったヒメユリハゼもいましたよ。

砂地を進んでいくと目の前にスーッと現れたのはカンパチの群れ。

目の前を通り頭の上で一回旋回してくれました。

やっぱりカンパチって綺麗な魚だなぁ。

砂地に目線を落として進んでいくと時々砂地にパシュッっと隠れる魚がいます。

良く見ると細長い姿のベラギンポでした。

大きなヒラメも2匹姿を隠していましたよ。

ロープ沿いのカミソリウオも今日はゆっくり観察できました。

初見のゲストさんに見破られてしまったのは、カミソリウオとしては失態なのかも(笑)

ケーソンにはひょろ長なホソウミヤッコや背びれがおしゃれなオキゴンベなどもいました。

エキジット前の安全停止ではアカカマスの群れが楽しませてくれます。

そしていつものようにマダイのダイちゃんが友達のイシダイを引き連れて僕らの周りをウロウログルグルしてくれて、とても楽しかったです^^

水温26℃

透明度12〜15m

出会えた魚

イサキ群れ、アカカマス群れ、ニザダイ、カンパチ編隊、キンギョハナダイ、ネジリンボウ、ハチマキダテハゼ、ダンダラダテハゼ、オトメハゼ、ヒメユリハゼ、ベラギンポ、ヒラメ、カミソリウオ、ホソウミヤッコ、オキゴンベ、トゲチョウチョウオ、アカハタ、オオモンハタ、ミツボシクロスズメダイなどなど

1本目 エントリー11:18 エキジット12:01 潜水時間43分 最大水深13m  水温26℃ 透明度15m

2本目 エントリー13:28 エキジット14:08 潜水時間40分 最大水深12.6m  水温26℃ 透明度12m

| しんじ | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
黄金崎ビーチ1日目

JUGEMテーマ:ダイビング

20180922黄金崎ビーチ

 

こんにちは。

ぷくぷくまりんのしんじです ^^

今回は黄金崎ダイビングに行ってきました。

朝からザーザーと本格的な雨。

少しテンション下がる朝でしたが、海の中はいたって静かでした。

中層には物凄くたくさんのイサキの群れ、群れ、群れです。

まだ子供の可愛いイサキでしたが終始僕らの目を楽しませてくれました。

砂地にはいろんなところでぴょこぴょことネジリンボウの子供たちが顔を覗かせています^^

(画像提供:阿部様)

中には2匹の仲良しネジリンボウもいましたが、今日のダイバーの多さにびっくりしてるのか、すごく警戒心激しくて近づくとすぐに隠れてします。

ヒレネガネジリンボウは残念ながら姿を消してしまったようです。

奥の長岩のハナタツもたくさんのダイバーに驚いて身を隠してしまいました。

 

でも、近くにミノカサゴの幼魚を見つけることができました。

何というか「瑞々しい」という表現がぴったりです。

 

砂地のあちらに大きな影。

近づいてみるとコロダイの老魚でした。

なかなかの貫禄で模様ももう消えかけています。

ライトを少し照らすと背びれを起こして怒ります。

ロープ沿いに移動するとゆらりゆらりと独特の動き。

もはやその動きのために存在をわからせてしまっているテンスの幼魚。

こやつもなかなかカメラにおさまってくれない奴でして、ゲストさんは悪戦苦闘してました。

 

そしてミルにまぎれてゆらゆらしてるのはこちらも擬態の名人カミソリウオペアです。

(画像提供:阿部様)

ライトをあてると片方は緑、もう片方は茶色っぽい色をしていました。

ちょっと底揺れもあったため写真で納められませんでした。

 

エキジットにゴロタ近づくと今度は若いコロダイの成魚が岩の割れ目からヌっと姿を現しました。

凛とした姿にはっきりと黄色い斑点。

綺麗な魚ですよね。

 

今は水温が26℃。

魚がいっぱいいて群れを観ているだけですごく楽しめます。

そんな黄金崎2本でした。

水温26℃

透明度12〜20m

出会った生物 ソラスズメダイ、イサキ群れ、コロダイ成魚、カンパチ、ネジリンボウ(いっぱい)、ダンダラダテハゼ、ハチマキダテハゼ、カミソリウオ、テンス幼魚、シコクスズメダイ、トゲチョウチョウウオ幼魚などなど

(ダンダラダテハゼ 写真提供:阿部様)
| しんじ | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
初島「やぐら2.5」現状は?

こんにちは。

ぷくぷくまりんのしんじです。

今日は初島に行ってきました。

久しぶりの限定ポイント「やぐら2.5」です。

 

台風の被害が酷かった初島。

海の中はジョーフィッシュのコロニーが吹っ飛びただの砂地になってしまった初島の海。

「やぐら2.5」は・・・

やぐらのほとんどが倒壊・・・

残ったやぐらにイサキ、スズメダイ、クエなどがいました。

他のやぐらが無いせいか、今日がそういう日だったのか、少し魚が寂しかったかな。

2本目は四つ岩方面に行きましたが、やはり台風の直後で生物がリセット状態でした。

サキシマミノウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ムカデミノウミウシがいました。

カエルアンコウを探してみたのですが空振りでした。

でも途中で大きなタカベの群れを観れました^^

海はまだ温かく24〜26℃ありました。

 

透明度10m〜14m

水温24℃前後

出会った生物 スズメダイ群れ、イサキ群れ、メジナ群れ、タカベ群れ、キンギョハナダイ群れ、カンパチ、サキシマミノウミウシ、ムカデミノウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ニシキウミウシ、オルトマンワラエビなどなど

| しんじ | 22:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Recommend

僕らをつなぐもの
僕らをつなぐもの (JUGEMレビュー »)
秦 基博,秦基博
恋の儚さ。
情景が浮かぶ歌詞。
いいですね。

しんじの本棚

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode