Entry: main  << >>
フリソデ狙いで富戸

本日は富戸に行ってきました。

富戸のヨコバマには現在、フリソデエビが3カ所もでているという情報!!

そのかわいいエビを見るべく潜ってまいりました^^v 1本目 風の向きは北東。

水面はどんぶら、どんぶらという感じでゆれています。

水中に入れば平気かなと思ってましたが、若干の揺れがありました。

ここ最近は1週間ごとに水温が1℃下がっている様子です。

ついに東伊豆も西伊豆同様に20℃をきって、その水温は18℃でした。

でも、まだまだ魚たちは元気でしたよ^^

特にイソギンチャク畑にはミツボシクロスズメがいっぱいです。

今年は少し遅めの登場だったような気がします。

そんなイソギンチャク畑をすぎて1の根に行き、そこから斜めに水深を下げていきます。

注意深くみていると岩の上に真っ白い「C」とかかれている石があるのです。

その近くにフリソデちゃんがいるらしいのですが・・・撃沈。

かわりにコイボウミウシ君を激写!

 

気を取り直して24m付近にいるオオモンカエルちゃんに会いに行くことにしました。

ボンテン♪ ボンテン♪ なんでもボンテンの近くにいるらしいという情報。

おお、ボンテン発見。

そのボンテンから顔を上にあげると青いソフトコーラルがあります。

今日はそこに踏ん張っているのを発見しました^^イエーイ!

エスカをフリフリしてましたよ〜

 

その近くにニシキフウライウオもいるらしいのですが、エアーの残量を考えてパスー。

そしてエキジット口へ一目散=3

エキジット付近では突如、イナダの群れがビューっと走り去っていきました。

 

2本目

よしっ!違う場所のフリソデ狙いに切り替えました。

今回は砂地をスイスイ〜と移動。

ゆらゆら〜と枯葉が砂地にゆれているなかに、焦げ茶色の長い葉が若干の意思がある動き。

そう!カミソリウオでした。

しかし良く揺れる砂地で全然じっとしてないのでこんな写真しか撮れなかった。

 

砂地にポツンポツンとあるイソギンチャクの中をのぞくとイソギンチャクエビがいますよ〜。

大きなイソギンチャクエビGETです。

 

そこから立ち去ろうとすると紫のモサモサが見えました。

すぐ砂地にビシっともどるとゆらゆらとセスジミノウミウシ君が底揺れに負けずに歩いています。

 

少し揺れがおちついた12m付近に砂利の山を発見!

スイスイ〜・・・ぽいッ!

スイスイ〜・・・ぽいッ!

 

と2匹のハゼが代わる代わる小石を運んでは山を作っています^^

クロイトハゼのご夫妻です。

この山は彼らの愛の巣なんですね。

 

さて、そろそろフリソデちゃんがいるらしき場所が近づいてきました。

ここかなと思う岩の下の奥にオレンジのヒトデの欠片。

その上にペアのフリソデちゃんをいました。

奥からなぜか呆然とこちらを見ている様子。

なんでしょう。この気まずい空気^^;

シャッターを切ってみましたが、うーーーん。ピンボケでした。

一応、ピンボケだけど見たという証拠。

 

エキジット口近くの砂地で動く顔!

いやいやホウボウがワサワサと手で移動しています。

かなり大きいですね。

「煮魚とかで食べたらおいしいのかな。」と思っている最中、ホウボウ君の瞳はキラキラと綺麗に輝いていました。

 

安全停止中に竹の筒の中をピョコピョコとオレンジぽい魚が顔をだしていました。

近づくとニッコリ顔のミナミギンポ君。

 

またね〜っとエキジット。

 

透明度8〜10m

水温18℃

出会えた生物 イナダの群れ、キンギョハナダイ、アイゴの群れ、クマノミ、ミツボシクロスズメ、オオモンカエルアンコウ、ホウボウ、ミナミギンポ、カミソリウオ、クロイトハゼ、イソギンチャクエビ、フリソデエビ、セスジミノウミウシ、コイボウミウシなどなど

| しんじ | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile

Recommend

僕らをつなぐもの
僕らをつなぐもの (JUGEMレビュー »)
秦 基博,秦基博
恋の儚さ。
情景が浮かぶ歌詞。
いいですね。

しんじの本棚

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode