Entry: main  << >>
リフレッシュダイビング@黄金崎

20170729

リフレッシュダイビング@黄金崎公園

 

今回はOWを取得してわずかで1年間のブランクがあるということで穏やかな黄金崎公園ビーチでリフレッシュダイビングをしてきました^^

まぁ、台風の動きが気になります、いや、ホント。

26日などは気にしすぎて延期をしてしまったのもあり、今回、天気図は見ませんでした。

信頼ある黄金崎DCのスタッフの先見を100%信じて行きました^^

ビーチは穏やか水温26℃まで上昇!

まったく何の問題もなくリフレッシュダイビングをしてきましたよ。

エントリーしてすぐの場所にはネジリンボウが3個体おりました。

ひとつはゴロタ際の場所ともうひとつは4mくらい離れた場所に2匹。

多くのダイバーに囲まれながらも堂々と姿を現す。

さすが、黄金崎のネジリンボウはサービス精神旺盛ですね^^

僕らの方を向いてくれてとっても可愛かったです。

そこかれロープ沿いに4連ケーソンのコースに第2ケーソンにはたくさんコノハガニがいましたよ。

いろんな葉っぱをつけたバージョンがいるので見つけるたびに楽しめます。

しかも死んだふりか、完全に葉っぱに偽装しているのか。コテンと倒れてみたりするのですよね(笑)

そんなコノハガニを探していると混指先ほどの黒いタツを見つけました^^

たぶんハナタツですね。

とってもかわいい姿ですよ。

ケーソンの周りには背びれをしきりに立て続けるヤマドリがいました。

海藻の周りにはアオサハギの大人とおチビちゃんとが仲良くゆらりゆらり。

コケギンポも温かい海に活発になったのか穴からでてお散歩していました^^

でも穴から顔を出している姿の方が可愛いですね^^

第3ケーソンはハオコゼやコウライトラギスなどがいましたが、ちょっぴり寂しい感じでした。

そうそう第1ケーソンの近くの海藻にはたくさんのアオリイカの卵が産みつけられてました。

元気に孵化してくれるといいですね。

16mケーソンにはこれまた大きく成長した皮弁が立派な男前なハナタツがいました。

しかしカメラを向けてもそっぽを向いてしまう頑固さも持ち合わせています^^;

砂地を游回していると突然大きな魚の群れがやってきました。

頭に八の字!カンパチの群れです。 いいですね〜。

やっぱり群れ系はしびれます。

その他ゴロタ沿いではアカカマスの群れやアジの群れなどが楽しめます^^

岩陰にいる背中に黒い斑紋がある魚。

ああ、名前を度忘れした。

なんだっけ〜?って思い出せずにモヤモヤ^^;

クロホシフエダイ!!

 

なかなか、可愛い系のマクロ生物にほっこりするダイビングでしたよ^^

透明度8〜15m

水温22〜26℃

出会った生物 アジの群れ、アカカマスの群れ、カンパチの群れ、マダイ、メイチダイ、ヨメヒメジ、トビヌメリ、ネジリンボウ、ハナタツ(黒)、ハナタツ(赤)、ヤマドリ、クロホシフエダイ、オオモンハタ、アカハタ、アオサハギ、イサキ、ハオコゼ、コウライトラギス、アオサハギ、ホソウミヤッコ、コノハガニなどなど

 

アフターダイビング

 

今回、沼津の「浜焼きしんちゃん」にて夕ご飯を食べて帰りました。

どうやら今晩は沼津のお祭りのようです。

道路が渋滞でノロノロ。

しかし、そのおかげで沼津の花火をじっくり見ることができました^^

打ち上げ花火なのですが、小ぶりな花火です。

でも、間近で見られる花火はとっても綺麗で、夏の夜を感じる良い時をすごしました^^

車の中では盆踊りの曲を流してみました。

ん?アラレちゃん音頭にドラえもん音頭・・・(笑)

 

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

僕らをつなぐもの
僕らをつなぐもの (JUGEMレビュー »)
秦 基博,秦基博
恋の儚さ。
情景が浮かぶ歌詞。
いいですね。

しんじの本棚

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode