Entry: main  << >>
男前:黄金崎ビーチ

20170610 黄金崎公園 本日は黄金崎ビーチで潜ってきました。

お天気は快晴、海の水温は20℃ということで、重たいドライスーツを脱ぎ捨ててウエットスーツでもぐってきましたよ〜(>v<)/

透明度も6〜10mですが太陽さんがでているので海の中は明るかったです。

浅場から16mケーソンまでのびのびダイビング。

残念ながら白いモフモフのカエルアンコウはいなくなってしまいましたが、すぐ近くにいるコミドリリュウグウウミウシは少しプリプリしてきた感じがあります。

クロコソデウミウシと喧嘩中にコノハガニが仲裁しているような3ショットもありました。

(コミドリリュウグウウミウシ)

(クロコソデウミウシ)

(コノハガニ)

(コノハガニ)

(コウライトラギス)

また砂地には目が悪い私にはゴミ?いやいや、「ああ、ウミウシだ〜」てくらい小さかったアリモウミウシのおチビちゃんがいましたよ。

ニシキハゼも色合い豊かに泳いでいました。

あと砂地の上でジッとしているコウイカの子供がたくさんいました。

色を褐色にしたり白くしたり体色変化凄いですよね。

ガイドロープにはタツノイトコなども尻尾を絡めています。

2匹でいるのでカップルなんでしょうね。

 

途中、砂地にフライパンが落ちていまして・・・ん・・・シビレエイでした(笑) なんとなく立派というか、男前なシビレエイでしたよ。

16mケーソンにはこれでもかってくらいのミツイラメリウミウシ、またスミゾメミノウミウシやスイートジェリーミドリガイなどもいました。

(スミゾメミノウミウシ)

(スイートジェリーミドリガイ)

(ミツイラメリウミウシ)

それと私が大好きなハナタツももちろんいました。

これもまた皮弁が立派な男前なハナタツでしたよ。

近くの砂地にはカノコキセワタガイがノソノソ歩いていました。

またオニカナガシラの若魚もゆる〜りと泳いでいましたよ。

 

ゴロタ8m付近の岩にいるオレンジのカエルちゃんはさらに身体が大きくなって定位置でじっとしています。

置物?じっくりみると手をバタバタしていましたので生きていますね(笑)

 

そうそうコウイカの卵の中の赤ちゃんイカがとっても可愛かったです。

もうすぐハッチアウトしてしまうので見るのならお早めに^^

 

エキジット近くで久しぶりにネジリンボウにも会ってきました。

 

黄色のキャップのような頭にちょっと生意気そうな眼付がかわいいですよね。

かなり人なれしているので近くまで接近しても引っ込まないかもしれません。

でも驚かせないように身を伏せながらニジリニジリと近づきましょうね。

 

(クモガタウミウシ)

(クロヘリアメフラシ)

(サラサウミウシ)

(ハオコゼ)

(オハグロベラ)

写真提供:さきさん、なかさん

 

 

水温20〜21℃

透明度6〜12m 出会った生物

コウライトラギス、ネジリンボウ、ハオコゼ、オハグロベラ、タツノイトコ、ハナタツ(男前)、ニシキハゼ、シビレエイ(男前)、イズヒメエイ、ダルマガレイ、トビヌメリ、オニカナガシラ(若魚)、クロホシイシモチ群れ、スズメダイ群れ、オオモンハタ、マダイ、ヨメヒメジ、コウイカ、コウイカの卵&赤ちゃん、ミツイラメリウミウシ、スミゾメミノウミウシ、クロコソデウミウシ、アリモウミウシ、コミドリリュウグウウミウシ、カノコキセワタガイ、クロヘリアメフラシ、クモガタウミウシ、サラサウミウシ、コノハガニなどなど

JUGEMテーマ:ダイビング

| しんじ | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Profile

Recommend

僕らをつなぐもの
僕らをつなぐもの (JUGEMレビュー »)
秦 基博,秦基博
恋の儚さ。
情景が浮かぶ歌詞。
いいですね。

しんじの本棚

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode